洋風ウェディングに似合うウェルカムボード
 
披露宴では、まず来てくれたゲストを入り口で迎えるウェルカムボードがあると、ゲストは式場の位置が一目で分かるため大変役立ちます。
 
また、式の雰囲気に合わせたものを用意しておくと、統一感が生まれて雰囲気を壊さずに素敵な結婚式にすることが可能となります。
 
時間がないカップルだとプロの業者に任せることもあるかもしれませんが、中には個性を出したいと手作りで作るカップルも最近は増えています。
 
この記事では、洋風の披露宴に合うアンティーク調のウェルカムボードの作り方をご紹介します。
 

披露宴のウェルカムボードの意味合いや予算について

披露宴のウェルカムボードは、新郎新婦の個性が光るゲストの目に最初に入るアイテムです。

流行に乗ったスタイリッシュなもの、アンティーク調のロマンチックでかわいらしいもの、パロディや笑いに走ったものまでさまざまなものがあります。

プロの業者にお願いするはもちろん良いですが、業者に注文した場合費用は依頼するものによっては、平均約1万5千円~3万円と意外にも料金がかかるんですよね。

「コストを抑えて作りたい」「二人のこだわりを重視して作りたい」と言った要望がある場合には、手作りでウェルカムボードを作ってみても良いでしょう。

ドレスで披露宴を行うならアンティーク調のウェルカムボードがおすすめ

ウェルカムボードを手作りするとなると、思っていた以上に時間がかかる場合があります。

そのため、結婚式の打ち合わせやブライダルエステなどのご自分の準備や、式後の新婚旅行などの段取りなどで忙しいプレ花嫁の女性の仕事を増やすことになります。

しかし、手作りのウェルカムボードにすることにより、

・コストが大幅にカットできる

・自分たちの趣味や意向を思う存分反映した世界に一つだけのオリジナルウェルカムボードを作れる

・使用素材などの制限がないため好きなものを自由に作れる

と言ったメリットがあります。

会場の雰囲気や新郎新婦の衣装などによって、ウェルカムボードのデザインを変えるカップルが増えています。

例えば、ドレスで披露宴を行うならスタイリッシュなものよりも、アンティーク調の方が式場やドレスとも雰囲気が良く調和しやすいと思いますのでおすすめです。

アンティーク調に仕上げるための色合いや使う材料の例

造花

アンティーク調を意識して手作りをするなら、メインで使用する色調はアイボリーやオフホワイトなどが上品でクラシカルな雰囲気になります。

また、ウェルカムボードを華やかに見せてくれる小物としては、造花がおすすめです。

取り扱いも簡単ですし、100円均一や雑貨屋で手軽に購入することができます。

アイボリーやオフホワイトのウェルカムボードなら、どの色のお花を使っても似合うと思いますし非常におすすめです。

しかし、生花を加工した「プリザーブドフラワー」の取り扱いには注意しなければなりません。

プリザーブドフラワーは人気がありますが、湿気に弱く何かの拍子でぶつかってしまったり、落としてしまったりすると、花びらがかけたり散ってしまったりする場合があるのです。

また、プリザーブドフラワーの寿命は約3~5年と言われているので、結婚式後もウェルカムボードを飾っておきたい場合には覚えておきましょう。