前菜

披露宴に参列するゲストの楽しみといえば、料理です。

彩鮮やかで見た目が美しく、味もプロの料理人が作っているため美味しいものばかりですよね。

また、料理を食べながら、ケーキカットやプロフィールムービーなどの定番のプログラムの流れを見る、というのも楽しいですよね。

この記事では、結婚式の定番の料理やプログラム、オリジナリティを出せるマイメニューについて見ていきましょう。

披露宴の定番料理

結婚式,料理 

定番といえば、フランス料理のようなコース料理が一般的です。

前菜から順序良く食べることができ、高級感を味わうことも出来るため幅広い年代のかたに楽しんでいただける人気の定番メニューです。

近年ではお箸が置いてあったり、スタッフが配膳の際にどれを使って食べるのか伝えてくれたりするので、気負わず楽しんでお料理をいただけるようになったと思います。

年配の参列者が多い場合は、折衷料理なども人気があります。

しかし、中には自分たちのこだわりを出したいと考える方も多いため、中華料理やイタリアン料理などを選ばれるケースもあります。

そのようなこだわりを出したい場合でも、ゲストへのおもてなしを第一にメニューを考えて厳選すると喜ばれるでしょう。

披露宴の定番プログラム

ケーキカット

披露宴の定番プログラムには、

1、ケーキカット

2、キャンドルサービス

3、両親への感謝の手紙

4、記念品贈呈

などが挙げられます。

定番プログラムなんて皆飽き飽きしていてつまらないと思われがちですが、定番になっているということは老若男女幅広い世代から喜ばれている演出ということです。

新郎新婦が違えば雰囲気が違いますし、見ていて飽きるなんてことにはなりません。

定番プログラムだけでは味気ないと考えるならば、プランナーと相談をして自分達だけのオリジナルプログラムを披露宴に盛り込んでみるのも良いでしょう。

全員が参加出来るゲームや定番プログラムに自分たちオリジナルのアイデアを少し付け加えるだけでも、オリジナリティ溢れる披露宴になります。

自分たちや家族だけでなく参列した全員の思い出に残ることとなるでしょう。

披露宴は今までお世話になった人たちへ感謝の気持ちを伝える場であるため入念な準備が大切です。

マイメニューの選べる披露宴とは?実現する方法やおすすめ企業

結婚式

披露宴と聞いてイメージする光景はスピーチや余興、ケーキカットなど多くの人の中で一度は見たことのある共通のイメージがあるかと思います。

会場や進行、演出などのほとんどに定番のものがあり、どのカップルもその中から選ぶのが一般的だからです。

式場側もそれらを組み合わせた定番プランがたくさん用意しており、それぞれに価格を設定しその中から選ぶように勧めてきます。

プラン以外の演出を行いたいと思っても費用がわからなかったり、どこまで自分たちでできるかがわからいことがたくさんあったりするので、プラン内で楽しめる披露宴を行う傾向があるようです。

しかし近年、その傾向が僅かに変わりつつあります。

最近では、自分たち独自のマイメニューを実現してくれる企業も出てきているので、オリジナリティ溢れる披露宴にしたいという方にはおすすめです。

ここからは、自分たちで考えたマイメニューを安心して実現する方法やおすすめの企業についてご紹介していきます。

オリジナリティの溢れるマイメニューを安心して実現する方法

海辺の結婚式

いわゆる定番のケーキカットや記念品贈呈などが組み込まれた定式化されたプランは、カップルと業者の双方にメリットがあるのは確かです。

例えば、

・カップルにとっては考える手間や時間が省ける

・費用もわかりやすい

・業者にとってはパッケージングによってコストダウンが行える

と言ったメリットがあります。

しかし、それらのメリットよりも、一生に一度の結婚式に自分たちが本当にやりたいオリジナリティのあふれるマイメニューを重視する人が少しずつ増えてきたのです。

婚式や披露宴を他の人と差別化したいと考えるのは、不思議なことではないと思います。

ただ、定式化されたプランしか用意していない業者に、自分たちのオリジナルの演出内容を依頼してもお断りされる可能性があります。

また、承諾してもらえたとしても、多額のオプション料金を請求されることもあるようです。

コストを抑えて実現できるようネットなどで、情報収集をきちんとしておきましょう。

ブライダル業界で新しいベンチャー企業を利用するのがおすすめ

結婚式,マイメニュー

おすすめは、新しく参入してきたベンチャー企業に依頼する方法です。

ベンチャー企業は既存の大きな業者に対抗するために、柔軟性や独自性をアピールポイントにしているところが多いからです。

オリジナリティあふれる披露宴を挙げたいと思ったら、費用や特徴などを比較して選び、依頼してみてはいかがでしょうか?

既存のプログラムでない分、少し不安はあるかもしれませんが、依頼した企業と相談しながら自分たちだけの素敵な披露宴を作り上げましょう。