招待状基礎知識

結婚式や披露宴を行うことが決まったら、まずはじめに招待したい親戚や友人、職場でお世話になっている方などに出席していただくため招待状をお送りします。

しかし、招待状を準備している時に、「こんな感じの招待状で大丈夫かな」「文章が失礼になっていないかな」など不安に思うことがあるかと思います。

幸せな気持ちをゲストや親族にも共有してもらうと同時に、失礼がないようにするためにしっかりとした知識を身に付けて招待状を送った方が良いでしょう。

そこで、この記事では、知っておきたい結婚式・披露宴の招待状に関する基礎知識についてご紹介します。

招待状を送るタイミングや言葉選びの基礎知識

ペン

お忙しい中都合をつけて来てくださる方への配慮として、最低でも結婚式や披露宴の2ケ月前には招待状を発送をして届いている必要があります。

ゲストにはあらかじめ、電話などで結婚式に招待したいと思っていることを伝えておきましょう。

文面で注意すべき点は、よく使いがちな「忙しい」という言葉は夫婦の別離を連想させてしまう言葉であり、分かれる切れるなどと同様に使用してはいけない言葉です。

「忙」の漢字は「亡」の文字が入っているので縁起が悪いとされています。

しかし、「益々」や「日々」などの縁起の悪い意味合いの薄い重ね言葉は、それほど気にする必要はありません。

また、重ね言葉などのいわゆる忌み言葉を使わないことや、区切りを表す句読点はなるべく使わずに代わりにスペースを使うなどの配慮も必要です。

招待状の宛名書きや差出人記入の時の基礎知識

招待状発送

差し出し人は新郎新婦連名や新郎新婦と両親との連名、または新郎新婦の両親のみなどのパターンがあります。

両親の名前を入れた方が、特に年配の方に向けては正式な印象を与える可能性があります。

差し出し人が両親であれば、息子や娘のために結婚式や披露宴に来てほしいという文面になります。

また、新郎新婦が差し出し人ならば、自分たちが主語となった文面となります。

差し出し人と文面との矛盾がないように注意する必要があります。

招待状に同封するものや切手の基礎知識

切手

招待状には本状のほかに出席確認のための返信用ハガキや会場の地図、スピーチや余興など特別なお願いをする方にはメッセージカードなどに一言そえて同封します。

また、招待状に貼る切手は慶事用の特別のものを使用します。

招待状発送にかかる切手代を調べて事前購入しておくのもかまいません。

しかし、万が一料金が足りなかった場合に相手の方に大変失礼にあたりますし迷惑になってしまいますので、郵便局に直接足を運んで発送することをおすすめします。

特別にお世話になっている方に向けての郵便物ですので、相手の名前や住所などを間違えることは大変な失礼に当たりますし、あってはいけません。

送る際には、誤字に注意するだけではなく、旧字体なども間違わずに正確に記載するよう注意する必要があります。

結婚するということは、一人前の大人としてマナーを守った振る舞いができることを表す機会でもあります。

また、結婚式で初めてお目見えする方も中にはいらっしゃると思いますので、良い印象を持っていただくためにもマナーを守りきちんとした招待状をお送りすることが大切です。

結婚式・披露宴の招待状への返信について

招待状

結婚式や披露宴の招待状は会社関係やよく会う友人には前もって知らされていることが多いです。

しかし、 普段連絡する回数が多くない友人や、少し離れた親戚からいきなり届いてしまう場合もあります。

大抵の招待状には返信用のはがきがついています。

そのため、基本的には必要事項を記入して返送することになっていますが、いきなり招待状が届いた際は何かと不安になりますよね。

結婚式・披露宴の招待状の返信についての注意点をご説明いたします。

招待状の返送の宛名について

 宛名

まず宛名です。

会社員の方などは慣れているかもしれませんが、通常こういった返信用のはがきは宛名の最後が「行」になっています。

これをこのまま送ってしまっては大変失礼な行為にあたりますので、二重線で消して横に「様」と書き入れましょう。

この際、宛名の文字よりも多少大き目に書くと良いとされています。

招待状を返信する期間について

郵便

招待状が届いたら、出席欠席にかかわらず早めに返事を出すことも大事なポイントです。

早めに届けば、相手は人数の把握や席決めなどの作業が早めにできるので、相手方にとっては非常に助かります。

遅くとも二週間以内に返事を出した方が良いでしょう。

招待状の裏面について

招待状の返信はがき

次に裏面ですが、ほとんどの場合「御出席」「御欠席」のどちらかに丸をつける形となっています。

この際も「御」という一文字は必ず二重線で消しておきましょう。

出席か欠席か選ぶ方に丸をつけるだけではなく、選ばなかった方は二重線で消したほうが分かりやすくなります。

他にも自分の名前、住所などを記載する欄があります。

この欄についても「御芳名」でしたら「御芳」の二文字を、「御住所」でしたら「御」を消しておきましょう。

基本的に敬語となっている部分は二重線で消すと覚えておくと良いかと思います。

気心しれた仲の良い友人や同僚、親戚には一言メッセージやイラスト、シールなどでデコレーションして一手間加えると新郎新婦にお祝いの気持ちが一層届いて喜ばれるかもしれません。

結婚式・披露宴の招待状で人気のデザインは?

可愛い招待状

結婚式・披露宴にお呼びするための招待状はとても重要な役割を持っています。

ゲストが一番最初に手にするものでもありますし、こだわって作る人が増えてきています。

ゲストは、届いた招待状からその披露宴のイメージを膨らませることになります。

しかし、「どのような招待状にすれば喜ばれるのか」と悩んでいる方もいるでしょう。

ここでは、結婚式・披露宴の招待状で人気のあるデザインについて見ていきましょう。

招待状はお二人を象徴したデザインにする

花

招待状はペーパーアイテムの中でもっとも重要なものです。

結婚式の招待状のデザインでとても人気があるのは、お花やハートモチーフ、天使などの可愛くて華やかなものです。

和風だと、和紙を使用したものが人気があります。

結婚式のイメージにぴったりですし、やわらかくて温かい雰囲気になります。

招待状にはいろいろなデザインが用意されているので、自分たちの結婚式のイメージに合うものを選ぶことが大切です。

純和風の結婚式を行うのであれば、格調高く上品な素材や金色や銀色を少し入れると華やかさを出せると思います。

純和風の結婚式なのに、ペーパーアイテムがディズニーなどのキャラクターだと統一感のない披露宴というイメージを持たれてしまいます。

最近はデザインも増えていますし、どうしても使用したいという場合は着物を着ているか、和風テイストに似合うかと言った基準で探してみると良いかもしれません。

せっかくなので統一感のあるものを使うことが大切です。

二人の好きな色やモチーフを使ったデザインにする

リゾートウェディング

リゾートウェディングを行うのであれば、挙式を行う現地の特性を感じることができる明るい色を使ってみたり、雰囲気に合うモチーフを使用してみたりしましょう。

自分たちのイメージに合わせてデザイン決めると結婚式の雰囲気が伝わる招待状が作れるといっても過言ではありません。

結婚式の主役は二人です。

そのため、二人の大好きな色やモチーフを使い世界に一つだけの招待状を作るのもおすすめです。

例えば、大切なペットの写真やイラスト、共通の趣味のモチーフ、記念日やイニシャルなどを入れることで、二人らしさを思いっきり出すことができます。

自分で招待状を作って気持ちを伝える方法も選択肢の一つに

オープニングムービー

招待状はオーダーすることも可能ですが、自分で作成することで思い出深いものになります。

手作りをすることで、二人のおもてなしの気持ちも相手にたっぷりと届けることができます。

もらった方も嬉しいですし、コストも抑えることができます。

招待状の表紙とか本文のデザインが手作りの場合は、個性の見せどころにもなります。

デザインは、結婚式らしく天使やお花をモチーフにしても素敵になりますし、二人の出会いや趣味をイメージして作成するのもおすすめです。

その後、招待状に記載をする文面を考えます。

挨拶とか新郎新婦の名前や会場の名前や場所、電話番号、披露宴の日時、返信の締切は絶対に書かないといけません。

そして、必要な台紙とか小物などを購入して揃えていきます。

手作りをすることで、その手作りをした時間も一生の大切な思い出になるので、気になる方は手作りの招待状にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?