結婚式手作り和風アイテム

結婚式の時には、招待状や席札などのペーパーアイテムや、入り口付近でゲストを迎えるウェルカムボードなどいろいろなものを手作りすることができます。

どのようなデザインにしなければいけないという決まりはありませんが、やはりその式に合った物にする方が良いでしょう。

式の雰囲気はカップルによって異なるかと思いますが、雰囲気を統一することで落ち着きが出てきてゲストも安心感があります。

この記事では、和装の披露宴を行う際に和のテイストのアイテムを調達する方法や制作開始時期についてご紹介します。

和装で結婚式する場合は和のテイストで

季節

例えば、和装で行う場合は、和のテイストの方が良いでしょう。

和のテイストと言うとなかなか良く分からないという人もいるかもしれませんが、基本的には素材とデザインを和風にすれば簡単に作ることができます。

また、素材は色々とありますが、和紙などを使うと手軽に本格的なアイテムを作ることができます。

水引や折り紙、和柄の布やピンポンマムやダリアなどの造花などを使って飾り付けをすると手軽に作ることが可能です。

結婚披露宴の手作りの材料調達先

和装の結婚式に似合う和風素材

材料自体は手芸用品店、100円均一、インターネットなどさまざまな所で購入することができます。

しかし、実際に材料を用意してからそれを見て適当に作ってしまうと、うまく作ることができない場合もあるので注意が必要です。

まずは、サイズを考え、どのような感じのデザインにするかを決めてから材料を購入する方が良いでしょう。

その方が、材料の買い過ぎを防ぐことができて、計画的に製作しやすくなると思います。

また、どのくらいの予算をかけることができるのかを考えて、材料を調達する前に考えましょう。

ウェルカムボードを手作りする場合、平均的に1000円~3000円のカップルが多い傾向にあるので参考にしてみましょう。

ウェルカムボード作りは時間がかかる!早めに制作開始を

披露宴と二次会のウェルカムボード

結婚披露宴会場で入口に置かれており、ゲストへ会場の場所を知らせるウェルカムボード。

ウェルカムボードも自分たちの個性やオリジナリティを重視して作りたいと思っているカップルが多く、手作りする方が増えています。

特に、ウェルカムボードは結婚式の顔とも言える大切なものなので、結婚式の雰囲気や白無垢などの着用衣装に合わせて和テイストに仕上げる方も多いようです。

しかし、ウェルカムボード作り自体はある程度の時間が必要となる場合も多いです。

そのため、結婚式に間に合わせる事ができるように、なるべく早い時期に制作に取り掛かる方が良いでしょう。

例えば、どのようなものにするか半年~3か月前頃から決めておき、挙式1ヶ月前ぐらいにできていれば余裕を持つことができますね。

自分たちが作った手作りアイテム達に支えられて、華やかな結婚式に仕上げてみてはいかがでしょうか?