オープニングムービー
結婚式に来てくれたゲストを飽きさせない工夫として近年取り入れられているのが、オープニングムービーです。
 
結婚式に参加した経験がある方の中には、新郎新婦入場前にオープニングムービーが流れているのを見たことがある方もいるでしょう。
 
今回は、コスト、アイデアなどを含め、結婚式・披露宴で盛り上がること間違いなしのオープニングムービーの作り方をご紹介していきます。
 
 

披露宴で人気のオープニングムービーの役割

披露宴のオープニングムービーの役割
披露宴は結婚式の厳格な雰囲気とは違い、より和やかな雰囲気で行われるものです。
 
ゲストがリラックスしてくる反面、きちんとスケジュールを組まないとまとまりのない披露宴となってしまうことが少なくありません。
 
新郎新婦やゲストにとって忘れられない良き思い出とするためには、適度な緊張感と盛り上がりも重要となります。
 
そのため、披露宴開始からゲストの心を惹きつけ、最後まで退屈させないことを心がけるのがポイントとなります。
 
近年良く見られるのが、披露宴の最初と最後に映像を使用する手法です。
 
特に、最初に流れる映像であるオープニングムービーは、会場の雰囲気を決める大切なものとなります。
 
オープニングムービーとは、披露宴の冒頭で新郎新婦入場前に流れる映像のことであり、挨拶や感謝の言葉をゲストに伝えたり、新郎新婦のことを簡単に紹介したりすることができます。
 
新郎新婦入場前にオープニングムービーを流すことで、これから始まる結婚式・披露宴の期待を高める効果が期待できます
 
オープニングムービーにはこれといった決まりはありませんので、自由度が高いムービーとなります。
 
 
 

オープニングムービーを作る際の出演者について

オープニングムービーで使う写真

特に披露宴の最初に上映されるオープニングムービーは、一部のゲストだけでは無くて全員が楽しめる内容にする必要があります。

確実に盛り上がるオープニングムービーは、万人が知っている有名な映画やテレビ番組をパロディ化して制作したものです。

ここで重要なのは、新郎新婦だけではなく今日ご出席いただいているゲストの方々を出来る限り多くオープニングムービーに出演させることです。

ゲストが最も注目するのは、新郎新婦と共に自分自身が出演している映像です。

あくまでも中心は新郎新婦とし、出席者の出演はほんの一コマだけにするのがポイントです。

ムービーと言っても全てを映像とする必要は無く、顔写真だけの出演でも盛り上がることに変わりはありません。

映画やテレビにこだわる必要もなく、有名なCMやゲームなどでも問題ないでしょう。

小さな子からお年寄りまでゲストの世代が幅広い場合は、同じムービー内にアニメと時代劇の両方を取り入れるなどいった工夫をすることで誰もが楽しめるムービーとなります。

 

結婚式・披露宴のオープニングムービー作成のコツ

パソコンでムービーを自作

披露宴の雰囲気が決定付けられると言っても過言ではないほど、重要なオープニングムービー。

オリジナル感を大事にする人なら、ゲストがびっくりするような凝ったものを作ってみたいと思いますよね。

最近はフリーソフトなどを使用して自作するケースも多いですが、ムービー作りにもコツがあることをしっかり頭に入れておきましょう。

映像の長さは10分以内

オープニングムービー

まず気をつけたいのが、映像の長さです。

オープニングムービーは、新郎新婦の入場の前に流すことが多いです。

入場直前までの待ち時間に流すということになりますので、あまり長くしてしまうと、だらだらとした印象になってしまいます。

おすすめの長さは、5〜8分。長くても10分以内には収めたいところです。

BGM1曲分くらいが大体の目安となります。

ラブラブの写真を多用しない

2人のアップでどこの写真かわからないのはよくない

オープニングムービーでやってしまいがちなことが、いちゃいちゃした写真の多用です。

2人の馴れ初めの画像や、前撮りの写真を使う人も多いです。

しかし、見ている人がびっくりしてしまうようないちゃいちゃした写真は、あっても1枚くらいに収めておく方が良いでしょう。

最初からいちゃいちゃ写真を見せつけられて、お腹いっぱいにさせてしまわないように気をつけましょう。

また、ふたりのツーショットの多用もよくみられますが、どこで撮ったものかわからないふたりのアップ写真ばかりというのも困り者です。

普段からどこに行ったか分かるような写真を撮るように心がけて、ストーリーのある写真の使い方をしましょう。

コツを押さえれば、意外とさくさくできるオープニングムービー。

自分だけのオリジナリティあふれる作品を作って、楽しい披露宴にしましょう。

 

結婚式・披露宴のオープニングムービーにかかる料金

オープニングムービーにかかる費用

最近の結婚式や披露宴では、オープニングムービーが欠かせないものになっています。

しかし、実際オープニングムービーを作るとなると、どのくらいの料金がかかるのでしょうか?

プロに頼んでオープニングムービーを作る場合

 オープニングムービー

オープニングムービーを流すことで「これから披露宴がスタートしますよ」という合図にもなりますし、ばらばらの会場に一体感も生まれます。

そんなオープニングムービーは、自分で作成することもできますし、プロに頼んで作ってもらうこともできます。

プロに制作を依頼する場合には、料金が1万5千円~3万円くらいします。

費用はかかってしまいますが、プロは素人にはマネできないような素晴しい映像に仕上げてくれるので、お2人にとって宝物になることは間違いありません。

自作でオープニングムービーを作る場合

もちろんオープニングムービーは自分でも作れますし、パソコンが得意で詳しい人は、特に簡単に作れます。

普段パソコンを使わず、パソコンが苦手な人にとっては大変な作業になるかもしれませんが、今はネットで作り方も丁寧に解説されているのでチャレンジしてみても良いかもしれません。

完璧なものを作ろうと思うとパソコンの作業に慣れていたとしてもそれなりに手間と時間がかかってくるので、仕事をしている人などは大変になるかもしれません。

パソコンに慣れていない方におすすめなのが、専用のソフトなどを購入して作るという方法です。

ソフトも値段は色々ですが、1万円以内で購入できるかと思います。

自作で作るのには手間や時間がかかり大変かもしれませんが、自作でオープニングムービーを作るのは以下のようなメリットがあります。

・プロに依頼をするよりも安い金額で済ませることができる

・好きなように作ることができる

・一緒の思い出になる

披露宴や結婚式を最高なものにするためには、ゲストの気持ちを惹きつけるオープニングムービーが大切です。

最初に流れるものなので式のイメージが決まってしまうといっても過言ではないのです。

 

結婚式・披露宴のオープニングムービーで使えるアイデア

結婚式,マイメニュー

披露宴で流すオープニングムービーはゲストの方への最初の印象を決めるといっても過言ではありません。

ゲストに120%楽しんでもらいたいと考えているのであれば、映像の最初の印象はとても重要になってきます。

最近は自分で作成する人も多くいるようです。

ここでは、オープニングを自分で作成する際に使えるアイデアについてご紹介します。

ゲストが知らないマル秘を動画で流す

例えば結婚式の準備をする様子を上映すると、結婚式にかける想いが伝わってゲストの方も喜ばれると思います。

結婚式の準備をする自分たちの様子を写真や動画に撮っておき、ゲストが知らない自分たちの準備をする姿を上映します。

みんなが真剣に見てくれますし、このようにして準備をしたからこそ、この結婚式があるんだなとみんなに思ってもらえます。

映画やドラマからオープニング動画を作る

そのほかにも映画のオープニングそっくりに作って、ゲストを驚かせるカップルもいます。

お気に入りのドラマがあるのであれば、そのドラマのオープニングのそっくりに作ることでとてもユニークでおもしろいものになります。

みんなが知っている映画やドラマのオープニングを作ることでゲストに飽きずに楽しんでもらえます。

アニメ風ムービーはゲストに盛り上がります

オープニングムービー

ディズニー映画の始まりのようなスタートにしてみたり、花嫁のダイエット企画をオープニングムービーで紹介するといったアイデアもあります。

お人形を使ってムービーを作ったり、絵を描くのが得意であればアニメ風にしたりすると楽しいかもしれません。

いろいろなアイデアがあるので、自分たちの理想とするものを作ることが大切になります。

披露宴におけるオープニングムービーの役割とは?写真の選び方や制作費用もご紹介