プロフィールムービー2人の馴れ初め

プロフィールムービーとは、ゲストの皆様に新郎新婦がどんな生い立ちを経て今があるのかを紹介するムービーです。

一般的なものとしては新郎、新婦それぞれが生まれたときから保育園や幼稚園、学生時代、そして社会人と時を経て大きくなっていく様を順に並べていきます。

その最中にエピソードを文章で加えるなどの工夫をすると、見ていて面白いムービーになります。

今回は、そんな結婚・披露宴でゲストを盛り上げるプロフィールムービーの作り方についてご紹介します。

 

結婚式・披露宴用のプロフィールムービーを作るには

披露宴用のプロフィールムービーを作るには

結婚式・披露宴で流されることが多いプロフィールムービーは、ゲストを飽きさせず楽しんでもらえるよう作られることが多いです。

結婚式・披露宴に欠かせないプロフィールムービーの作り方をまずは確認してきましょう。

家族写真や生い立ちの分かる写真を使う

プロフィールムービー家族写真

プロフィールムービーは二人のことをわかってもらいゲストと思い出を共有してもらうため、新郎新婦それぞれの人となりや成長過程、新郎新婦との出会いなどがわかるような構成にするのが基本です。

家族の写真や友人など昔の姿が流れてくると懐かしくもあり、嬉しくもあります。

幼い頃の新郎新婦を知らない方たちも幼少期を知ることができ楽しんで見ていただけると思います。

それぞれの生い立ちから二人が出会った馴れ初めなども一緒に紹介する方が多い傾向にあります。

いつ、どこで出会って、どのように過ごしてきて結婚に至ったのかを紹介します。

漫画風や映画風のプロフィールムービーにする

プロフィールムービーパラパラ漫画風

披露宴の動画には、漫画風や映画風など個性溢れる工夫をされる新郎新婦が増えてきました。

披露宴中にこの映像を流すことで、会場全員と情報を共有でき、新郎新婦の良いところを知ってもらえます。

せっかくのお披露目なのでゲストのみなさまに二人の良さを知っていただきましょう。

ただ写真を写すして流すだけのスライドショーは見ていて飽きてしまいます。

そのため、最近では

・パラパラ漫画風

・コマ撮りの映像

・映画の予告風

など、さまざまな工夫がなされています。

プロフィールムービー制作のプロに依頼する

 プロフィールムービー

一生に一度の結婚式なので特別感を出したいという人のために、プロフィールムービーを制作してくれる専門業者などもいます。

業者と打ち合わせをして映像を作ってもらうのも記念になり、特にパラパラ漫画は自身で作ることももちろん可能ですが、ものすごく手間がかかってしまいます。

業者に頼めば、イラストレーターが1枚1枚丁寧に描いてくれますし、二人の記念の品にもなります。

ストーリーを決めた後に絵コンテで全体の流れを事前に見せてくれるため、二人のイメージに沿った内容で作ることが可能です。

またサプライズとしても利用されることが多く、余興の1つとしても人気を集めています。

 

結婚式・披露宴のプロフィールムービーの重要性やメリット

オープニングムービー

結婚式の披露宴で流す演出用の映像として、プロフィールムービーを使う方は多いです。

二人の馴れ初めや前撮りの様子を写した映像も素敵です。

それに、お互いの親族や友達にパートナーのことを知ってもらうために、プロフィールムービーは二人の良さを知っていただくために作りたい重要なアイテムです。

招待された人の多くは、新郎新婦のパートナーがどんな人なのかを楽しみにしています。

ここでは、プロフィールムービーを披露宴で流す重要性やメリットについて見ていきましょう。

懐かしさや驚きもサプライズに

プロフィールムービー小学生の思い出

プロフィールムービーの内容は、どんな人柄なのか、これまでどのような人生を送ってきたのか、自分の人となりがわかる内容がいいですね。

まずは1人ずつの生まれた時から、幼少期、小学校、中学校、高校、大学、社会人と節目となる写真をそれぞれ1〜2枚ずつ選び写真に合うコメントを入れるのが良いでしょう。

おすすめは自分の写真だけでなくゲストとして招待している友人と撮った写真を選ぶことです。

ご自分の写真が流れたら驚くと同時に、きっと喜ばれることでしょう。

しかし、なるべく内輪ノリになりすぎないようにすることも大切です。

コメントは、「小学校の入学式」や「高校の卒業式」などのイベント内容の説明でもかまいませんが、そういったイベントの写真を見ればすぐに分かるものが多いです。

そのため、違うコメントを入れても良いでしょう。

その時の自分がどんな風だったのか、どんなことを考えていたのかをコメントとしてのせるとゲストの方に気持ちが伝わり非常に良いでしょう。

ゲスト同士の会話が弾んで和やかな場になる

オープニングムービー

充実したプロフィール映像があれば、パートナーの友人同士や親戚がお話をするきっかけになるかもしれません。

パートナーの友人同士の場合は初対面の場合が多いので、緊張感を緩めて和やかな場にする効果が期待できます。

和気藹々とした披露宴にしたいと考えているのなら、コメントに少し工夫を凝らしたプロフィールムービーを作りましょう。

 

結婚式・披露宴のプロフィールムービーの上映時間

コメントつきのプロフィールムービー

素敵なプロフィールムービーを上映すると、会場全体が一体感に包まれて和やかな雰囲気になります。

新郎新婦も会場の様子を見て安心することと思います。

しかし、例え素敵なプロフィールムービーとは言え、上映する時間には注意しなければなりません。

披露宴のプロフィールムービーの時間は6分がベスト

家族へのメッセージをいれたプロフィールムービー

披露宴でプロフィールムービーを上映するのは当たり前といっていいほど皆さん使用されます。

そんなプロフィールムービーですが、長すぎてもいけませんが短すぎても物足りません。

大切なのは見ているゲストの皆様が心地いいと感じる長さのものを作ることです。

プロフィールムービーに適しているちょうど良いとされている時間は、おおよそ6分です。

もちろん映像の構成にも関係してきますが、ゲストが見ていて飽きないことや新郎新婦が使いたい写真を盛り込むと6分くらいがちょうどよいのです。

6分であれば長い曲であれば1曲で終わりますし、新郎新婦それぞれが好きな曲を2曲使ってムービーを制作することも可能となってきます。

プロフィールムービーは二人の歴史の物語です。

披露宴で流したいと思う写真を全て選んでしまうと6分では到底終わらないと思います。

仲良しの友人ばかりが参加をするパーティーであれば、少し長めのプロフールムービーでも良いでしょう。

しかし、新郎新婦それぞれのことをあまり知らない親戚や仕事関係の方などが集まる披露宴としては10分以上となると見ていて飽きてしまい、退屈と感じる長さとなってしまいます。

コメントなどを入れて感謝の気持ちを伝えるとサプライズに

プロフィールムービー幼い頃の写真

プロフィールムービーを制作する場合は、多くのゲストが見ていて飽きないものにすることが大切です。

さらに、コメントやメッセージをいれて感謝の気持ちもきちんと伝えると、メッセージを受け取った相手はサプライズにもなりとても喜ばれます。

コメントを入れた場合は、ゲストの方にきちんと読んでもらえるように表示速度や文章の長さに注意しなければなりません。

 

結婚式・披露宴のプロフィールムービーの一般的な構成

オープニングムービー

ゲストを飽きさせずに、二人の生い立ちから出会いを伝えるプロフィールムービーにするためにはどのような構成にするのが良いのでしょうか?

効果的にゲストや親族に二人の情報を伝える方法についてここではご紹介します。

二人それぞれの生い立ちから流す

オープニングムービー

ゲストは新郎新婦の生い立ちや二人の出会いに至るまでとても関心を持っています。

新たな家族となる人に対する情報を得ることで両家の家族や親族を安心させることもできます。

プロフィールムービーは、最初に新郎新婦が出会う以前の生い立ちをそれぞれ流します。

かわいい写真の中に、ひょうきんな顔や子供ならではの面白くて不思議な行動をしたものもあるでしょう。

二人の幼い頃のお写真は、ゲストを笑顔にさせリラックスさせることができます。

成長する中で出会った友人や仲間との思い出や二人の出会いについて流す

オープニングムービー

生い立ちを紹介し終わったら、成長する中で出会った友人や仲間との出会いに関連する映像を流しましょう。

人生の歩みの中でどんな友人と出会い、どんな仲間と働いてきたかということも映したしたりする中で、友人や同僚のインタビューを交えたものを流すプロフィールムービーも喜ばれます。

周りから見た新郎新婦がどのような人柄なのか紹介できますし、二人にとっても後々素敵な思い出になります。

そして、何と言っても関心を引くのが、二人の出会いやどんなお付き合いをしていたかなど馴れ初めを紹介することです。

二人の素敵な出会いや思い出などを流して、ゲストや親族を喜ばせましょう。

披露宴を華やかに!プロフィールムービーで素敵な披露宴を演出しよう

 

思い出に残せる手作りのプロフィールムービーを作ろう

オープニングムービー

プロフィールムービーは、これからの二人が夫婦として歩んでいく夫婦の歴史の最初の部分を映像にしたものです。

周りに対する感謝の気持ちもきちんと伝えると、ゲストの方は喜びや祝福したい気持ちが高まることでしょう。

ここでは、思い出に残せる手作りのプロフィールムービーを作るポイントや注意点について見ていきましょう。

自作のプロフィールムービーのメリットについて

オープニングムービー

披露宴ではほぼ全員といっていいほどみなさんプロフィールムービーを流します。

業者にお願いする方もいらっしゃいますが、自分で制作をする人も多くおられます。

自分で作るということは手間がかかりますが、

・二人の個性を出すことができる

・ゲストや親族をわくわくさせたり感動させたりなど好みの演出で制作できる

・業者に頼むよりもお金の節約にる

・二人の思い出に残る大切な記念品になる

と言ったメリットがあります。

プロフィールムービーは新郎新婦のことをよく知りたい人や幼い頃を知らないといったゲストの方への自己紹介へとつながるため非常に楽しみにしている方が多いです。

期待に添えられるような演出を自分たちで考え、自作でプロフィールムービーを作ってみては?

ネットや友人が結婚式で使用した映像を参考にする

プロフィールムービー

制作の際には、ネットにアップロードされているものを参考にすることができます。

結婚している友人や知人に実際に使用した映像を見せてもらうのも感動や笑いを呼び起こすのにどんな構成にしたら良いのか分かり、とても参考になることと思います。

使用するBGMも、おすすめがネットや雑誌で紹介されています。

曲によっては、歌詞字幕にして文字で想いを伝えることもできるでしょう。

長すぎる映像はよくありませんが自分たちで編集して2曲使用するのも1つの手です。

思い出に残る素敵なプロフィールムービーを作ってみましょう。

二人だけの個性的な演出を考える

オープニングムービー

一般的な演出構成は、最初に新郎の紹介で、続いて新婦の紹介を行います。

家族の写真を使い自分の幼少時代を紹介します。

子供のころの動画があれば、動画を挿入してみることもおすすめの一つです。

産声や小さいころに歌った歌声など残っている音源を流したりすると、感動されることと思います。

それぞれの紹介が終わった後に、二人の紹介という流になっています。

二人の出会いのきっかけや馴れ初め、デートをした思い出の場所や遊びに行ったときの写真などを流していきます。

二人の趣味やお互いの好きな所などを紹介するカップルもいます。

二人の顔を合成して将来生まれてくる子供の顔をイメージするなどの面白いアプリを利用して、ゲストの方を楽しませるなどアイデアは無限にあると思います。

ゲストの方に紹介するための映像なので、それを意識して写真などを選んでいきましょう。

自己満足なプロフィールムービーにならないよう長さに気を付ける

オープニングムービー

プロフィールムービーの一般的な長さは、5~8分くらいです。

これくらいの時間がゲストを飽きさせず間延びすることなく、楽しみながら見ることができる時間なのです。

残念ながら10分以上ムービーを見せられても見る方は飽きてしまってしまったり、映像が長かったということしか印象に残らなかったりなどということになりかねません。

写真一枚表示時間は10秒くらいが良いとされています。

ゲストへの感謝の気持ちもこめて制作をすることを忘れず、自己満足なプロフィールムービーにならないように気を付けましょう。

 

披露宴で良く使われるプロフィールビデオの演出例

オープニングムービー

披露宴ではプロフィールムービーを流す方は多く、演出方法はカップルごとに異なります。

そうなると、「どのようにプロフィールビデオを作ろうか迷う」と言った悩みも出てくるでしょう。

披露宴でよく使われるプロフィールビデオの演出例を参考にしながら、自分たち好みの演出を実現しましょう。

生い立ちと二人の出会いを映像でドラマチックに演出する

オープニングムービー

よくある流れとしては、最初に新郎新婦の生い立ちを流します。

家族の写真を使ったりして、自分の幼少時代を紹介します。

そして、生い立ちを紹介した後は、二人の出会いのきっかけや二人でデートをした場所、二人で遊びに行ったときの写真などを流してドラマチックに仕上げます。

また、二人の趣味とかお互いが好きなもの、付き合うようになったきっかけなども紹介するカップルもいます。

そして最後は、ゲストの人に向けて感謝の気持ちを述べて終わります。

たいていはこのような流れになっています。

感謝の気持ちに重点を置いてラブラブ動画はほどほどで構成する

オープニングムービー

自分で作成をすることで手作り感も出ますし、個性を出すことができるので、見ている人もわくわくできるようなビデオになります。

結婚式の披露宴は一生に一度のことです。

プロフィールビデオは、多くの人が最高に幸せな気持ちになれるように作成をすることが大事です。

プロフィールビデオを作成するのはいいけれど、新郎新婦のラブラブな写真ばかりを流して、自己満足となってしまわないことが大事です。

自己満足なビデオになってしまうと、ゲストは楽しむことができませんし、しらけてしまうこともあります。

プロフィールビデオには、ゲストへの感謝の気持ちもこめて作成をすることが大事です。

自分たちのラブラブな写真をたくさん入れたい気持ちはわかりますが、多少我慢してゲストや親族の方々への感謝の気持ちに重点を置きましょう。

ゲストに感謝を伝える!プロフィールムービー制作で意識すること