招待状

結婚の報告をするために結婚式を行うカップルは多いかと思いますが、お世話になった方々や友人を招待しようと考えるならば招待状が必要となります。

結婚したことを伝えるとともに、事前に出席か欠席か把握することでどのくらいの人数が来てくれるのかが分かり、式場や料理の数などを決める目安となるでしょう。

今回は、そんな結婚式で重要となる招待状を発送する目安や文例、書き方、構成の仕方などについてご紹介します。

 

結婚式・披露宴の招待状の役割

結婚式・披露宴の招待状の役割

結婚式・披露宴の準備をする際に、用意するペーパーアイテム。

席次表や席札、メニュー表などさまざまな種類がありますが、一番最初にゲストが目にするペーパーアイテムは招待状です。

招待状は結婚することを報告するとともに、新郎新婦の新しい門出に立ち会ってほしいとお願いする役割があります。

結婚式・披露宴の招待の内容が書かれた本状や返信用はがき、会場案内図などで構成されるのが一般的です。

 

披露宴の招待状を発送する目安について

招待状

披露宴を行う場合には、招待状が必ず必要になります。

事前に送ってもよいかを確認してからから送るのが一般的で、それによって結婚式の列席者人数を決めていきます。

招待状は挙式の約2か月前に発送して、ゲストの手元に届けておくことが大切です。

慌てて準備をすることにならないように、きちんと早めに取り掛かりましょう。

招待状は自分で作成することもできますし、会場のスタッフに作成をお願いすることもできます。

 

披露宴の招待状の基本知識について

招待状

披露宴に多くのゲストを招待するために結婚式の約2か月前には発送する必要がある招待状。

招待状を作る際の確認点や文章例、同封するものなど、招待状の基礎知識についてここでは確認しましょう。

招待状を作る際に確認する点

・横書きか縦書きか選ぶ

・招待状の大半は見開き

・当日の概要と返信の締め切りを必ず書く

・差出人と招待状の文章に矛盾がないようにする

・必ず毛筆で宛名を書く

招待状は縦書きのものや横書きのものなどさまざまで、デザインも種類が豊富です。

式場で注文することもできますし、ネットでペーパーアイテムだけ購入して自分でプリントするなどの手作りも可能です。

縦書きでも横書きでも問題はないので、二人の好みに応じて選びましょう。

また、招待状は見開きのものが大半で、片面には時候の挨拶から始まり、挙式・披露宴への列席をお願いしたいという旨を綴った文章を書きます。

もう片面には、日付、受付時間、挙式・披露宴時間・場所などと言った当日の概要を書きます。

その際、返信の締切日も必ず入れることが大切になります。

文章を自分たちで作成する場合は失礼がないように、プランナーとしっかり話し合って決めましょう。

そして、披露宴の招待状に書く言葉は、差出人が本人からなのか、それとも両親からなのかによって少し変わってきます。

差出人と文章に矛盾が出ないように気を付けましょう。

忘れてはいけないのが、必ず毛筆で宛名を書くことで、薄墨の毛筆は絶対に避けましょう。

招待状の文章例

ペーパーアイテム文章の例はインターネットから見つけることもできますし、本屋さんにいって文例集などを購入することでも知ることができます。

「お忙しいところ誠に恐縮ではございますが、なにとぞご出席くださいますようお願い申し上げます。」といった一言をいれることもおすすめです。

そのようにすることで、相手もよりいい気持ちで参加をすることができるものなのです。

また、受付、乾杯の挨拶、友人スピーチなど何か役割をお願いしている方には、メッセージカードにて「当日はよろしくお願いします」などのメッセージを必ず添えましょう。

招待状に同封するものについて

サンキューカード

招待状には、まずは本状、会場案内の用紙、返送ハガキ、必要に応じてメッセージカードが最低限封筒に入れるものです。

返送ハガキには、必ず寿用の切手を貼った状態で同封します。

そしてすべての書類をそろえた封筒ですが、これも招待状の向きによって縦書きと横書きがあります。

どちらが好みに合っているか、都合に合っているかなどによって選びましょう。

知っておきたい!結婚式・披露宴の招待状に関する基礎知識

 

全てに影響する!出席者の確定から内容の作成まで

結婚式・披露宴を開催することが決まったら、新郎新婦は仕事や家事と日常の中で結婚式準備の時間を作らなければなりません。

とても忙しく慌ただしくその日までを過ごすことになると思います。

そんな忙しい状況の中でも、招待したい人に招待状を送って、誰が来てくれるのかをリストアップする作業を行わなければなりません。

この作業が遅れてしまうと、どのくらいの規模の式場を予約するのか、どのくらい費用が必要になるのかなど全てに影響してきます。

ここでは、出席者に出すどのような内容を送るべきかについて確認していきましょう。

業者に招待状を発注する場合

招待状を業者に依頼する場合は、招待状の文章構成もお任せして大丈夫でしょう。

プロがしっかりと相談に乗ってくれますし、書いてほしい文章などがあれば事前に伝えておくと、自分たちの理想の招待状が作りやすくなります。

手作りで招待状を作成する場合

パソコン,男性

自分たちで手作りする場合は、ネットや本を参考に文章作成して作成します。

手作りする場合は、結婚式場のスタッフに校正チェックをお願いして失礼の無い招待状を作りましょう。

感謝を込めたオリジナル招待状を作る場合

オープニングムービー

ゲストの皆様へ今までの感謝の気持ちを込めて、オリジナルの招待状を作る方も増えています。

その際の文例としては、

「ささやかながら今までの感謝の気持ちとして宴を開催いたしますので、お時間の許す方は参列していただきたくお願いします」

という内容のものです。

また、最近では、そのあとの文章に新郎新婦の両親からのメッセージとして、同じような文面ですが

「このたび、若い二人の新たな家族の誕生を見守っていただきたくお願い申し上げます。」

との心がジーンときそうな文面も加わり、招待状からアットホームな雰囲気になっていることも最近人気の傾向です。

結婚式から参加してほしい方へ出す招待状のポイント

披露宴重視の挙式スタイル

親しい友人やお世話になった方などは披露宴だけでなく、結婚式にも招待したいという気持ちになりますよね。

披露宴の前に執り行われる人前式や神前式などから参列してほしい場合には、招待状にきちんと来館時間とともにお知らせするのが良いでしょう。

 

招待状のデザインの選び方について

新郎新婦

結婚式を迎える新郎・新婦がまず手配しなければならないのが、招待客への披露宴の招待状の手配です。

披露宴を行う会場で手配をしてもらうか、招待状など紙製品を専門に扱う業者に依頼する、もしくは自分でデザインから紙の選択に至るまでの全てを行うという方法があります。

いずれにせよ、披露宴の招待状を選ぶときにはまず、自分達の披露宴にあった雰囲気の紙やデザインを選ぶことが大切です。

結婚式を洋風で行うのか、和風で行うのかだけでも、かなりの違いがあるでしょう。

コットンや和紙などの素材から始まり、招待状のカラーや季節感を取り入れたデザインなどを意識して取り入れるとおしゃれに見えます。 

披露宴の招待状のデザインはゲスト次第

オープニングムービー

文面のデザインやレイアウトなどを決める時は、招待状を送る相手との関係性や年齢などを考慮しながら万人受けするタイプを選ぶと良いでしょう。

あまりにカジュアルすぎるのは控えた方が良いでしょう。

披露宴の招待状は、2~3ヶ月前頃に招待客に送付するのが一般的であるため、結婚を決意して会場選びなどが決定したらまず取り掛かりたい作業です。

プロに依頼する場合でも、自分で作る場合でもある程度の日数が必要となるため、日にちに余裕を持って招待客リストを作成し、注文または作成に取り掛かりましょう。

また、招待客にしてみれば招待状を受け取ることで披露宴を初めて知ることとなります。

そのため、披露宴をワクワクしながら待ち望んでもらえるように自分達らしさが感じられる素敵な文面、デザインに仕上げると良いでしょう。

披露宴におけるペーパーアイテムの素材は?選び方やアイテムの使い方について