結婚式とは挙式と披露宴を足したものですか?

別々に生まれ育った二人の人間が出会って愛し合うようになり、やがて将来を誓い合う関係になると結婚をして夫婦になることを意識し始めます。

やがて結婚が決まると、親せきや友人などを招待して結婚式を行いますよね。

結婚式と聞くと、教会や神社で新郎新婦が夫婦の誓いの儀式をする「挙式」や、結婚式場にある披露宴会場にたくさんのゲストを招いて盛大に祝ってもらう「披露宴」のどちらかを連想する人がほとんどでしょう。

それでは、結婚式とはいったいどこまでを含んだ言葉なのでしょうか?

挙式や披露宴は結婚式のうちに入るのか、この記事では挙式・披露宴と結婚式の関係性や、二次会も結婚式のうちに入るのかについてもご紹介します。

 

挙式も披露宴も結婚式の一部

結婚式

実は、挙式も披露宴も結婚式の一部です。

だから、結婚式と聞いて、挙式・披露宴どちらを連想したとしても正解ということになります。

結婚式は、一般的には婚姻関係を成立させるための儀式を行う挙式を表します。

また、親族や仕事関係の人、親しい友人に結婚したことをお披露目する場が披露宴

ただ、結婚式=挙式+披露宴という考えでも良いのですが、挙式だけの形や披露宴だけの形の結婚式も多くなってきています。

つまり、結婚式は挙式だけ、披露宴だけでも良いのです。

挙式と披露宴両方を行う場合でも、披露宴は盛大でなくても家族や親族のみで食事会を行うという形にするなど、新郎新婦によってスタイルはさまざまあります。

 

挙式と披露宴の違いとは

結婚式と披露宴の違い

結婚式に招待される場合、挙式に招待される場合と披露宴に招待される場合があるでしょう。

挙式は儀式、披露宴はお披露目する場という違いはありますが、具体的にどのように違うのでしょうか。

挙式は結婚を誓う儀式

挙式とは結婚式を挙げることであり、結婚式は挙式と呼ばれる場合もあります

挙式は二人が結婚することを神様や立会人の前などで宣言し、ゲストや家族に見届けてもらうための儀式であり、新郎新婦が家族になり両家が親族になることを強く意識させる場でもあります。

チャペルで行う教会式の場合、神前式の場合、人前式で行う場合などのさまざまな挙式のスタイルがあります。

スタイルによって招待するゲストの顔ぶれは異なり、例えば神前式の場合にはゲスト全員が参加するのではなく親族と親しい友人のみで厳かに行う傾向にあります。

場所においては人前式の場合、レストランやホテル、船上など好きな場所で行うことができます。

披露宴は夫婦をお祝いする宴

披露宴は挙式の後に行われることが多く、夫婦となった二人のことをお祝いするとともに、新郎新婦を来てくれたゲストに披露する場でもあります。

新郎新婦入場から始まり、ケーキ入刀や余興などゲストを楽しませるような演出を盛り込み、和やかな雰囲気で行われます

披露宴を行うことで、これまでお世話になった上司や友人などに感謝を伝えることができるとともに、これからお世話になる方とも絆を深めることができるでしょう。

 

少人数制の場合は会費制のパーティーや会食を選んでもOK

披露宴

近年では、セレモニー的な色合いの濃い大掛かりな披露宴を行うよりも、少人数制の結婚式を行ってゲストへのおもてなしを重視する傾向が強まっていると言われています。

少人数制の結婚式の場合は、挙式の後で会費制のパーティーや会食を代わりに行います。

会費制パーティーではご祝儀の代わりに、全員同じ金額を出す方式です。

両親や兄弟など、ごく身近な親族だけを招いて内輪で行いたい時には、会食と言う形式が選ばれます。

自分たちの結婚式のスタイルに合わせて、披露宴・会員制のパーティー・会食の三つの中から最適なものを選ぶことになりますね。

 

披露宴などを終えた後の二次会も結婚式の一部

結婚式

あまり知られていませんが、二次会も結婚式に含まれています。

結婚式の二次会の平均人数は20人~60人と少人数から大人数までさまざまであり、結婚式と二次会では雰囲気や趣向が異なります。

披露宴よりも、カジュアルでフランクな雰囲気でみんなで和気あいあいとしながら行われます。

そのため、招待したゲストの方には披露宴と二次会、どちらにも声をかけても良いとされています。

海外挙式をした時に、お披露目パーティーの代わりに行われることもありますね。

また、幹事は新郎新婦か、どちらかの友人が行うことになり、会費制となっています。

二次会は演出も自由に考えることができますし、披露宴に招待できなかった人を呼ぶことも可能です。

披露宴では、新郎新婦ともに少し緊張するかもしれませんが、二次会ではフランクな雰囲気で笑顔いっぱいの素敵なパーティーにできると良いですね。

結婚式と披露宴の違いは?それぞれの特徴について