結婚式の式場到着からのマナー

友人や会社の同僚などの結婚式に呼ばれる機会が増えてくると、ご祝儀袋を用意したり、着ていく服を用意したりしますよね。

そして、恥をかかないために結婚式のマナーを確認する方もいるでしょう。

自分のミスや失礼な態度などで、結婚式の雰囲気を壊したくないと思いますし、自分自身も安心して結婚式当日を迎えたいですね。

そこで、今回は結婚式場に到着してから結婚式開始までのマナーについてご紹介します。

結婚式場に到着した後のマナー

結婚式,祝儀袋

式場に到着したら、

1.招待された会場を確認する(大きな式場ですと、同じ日時に何組も式を挙げるため)

2.受付まで到着したら受付の方(多くの場合、新郎・新婦の友人や親族)に一言「本日はおめでとうございます」とお祝いの言葉を伝える

3.その後、ご祝儀を両手で渡す

4.芳名帳がある場合は、自筆でフルネームを書き、プログラム(席次表)を受け取る

5.案内された会場、控え室、待合室などで式が始まるまで待機する

と言った流れが一般的なマナーです。 

ここで、ご祝儀袋は、カバンやポケットから取り出して渡すのではないので、注意しておきましょう。

袱紗(ふくさ:儀礼用の方形の絹布)から取り出して渡すのが礼儀ですので、もしもお持ちでないならば、冠婚葬祭で使う物ですので購入してみてはいかがでしょうか?

結婚式場(披露宴会場)で受付を済ませれば、後は会場の係員やスタッフの方の指示に従い行動しましょう。

式が始まるまでの待ち時間のマナー

 結婚式 

式が始まるまでの待ち時間はゲストとして呼ばれた側は緊張する一方で、どのような結婚式が行われるのか楽しみな気持ちもありますよね。

もしも、新郎・新婦の両親や親族に会うことがあれば、「本日はご結婚おめでとうございます。お招きいただき、ありがとうございます。」など、お祝いの言葉を言うのを忘れないようしましょう。

また、控え室などで、友人や知人が多くても大きな声で騒ぐのは当然マナー違反です。

新郎・新婦の親族の方がどこで見ているか分かりません。

常に新郎・新婦のことを考えた行動を心がけましょう。

披露宴が開始するまでと開始した際のマナー

 披露宴

披露宴では、友人や知人が同じテーブルになることもある一方で、初対面の人と同じ席になることも多いでしょう。

その場合、ある程度自己紹介をすることで楽しくなります。

例えば、新郎新婦とはどのような関係なのかをお互いが確認しあいあうと、和やかな雰囲気で新郎新婦をお祝いすることができるでしょう。

また、もしも、知り合いなどがいないような人がいれば、積極的に話しかけてあげて、孤立しないようしてあげることも大切です。

例え、同じテーブルに知り合いがいなくても、席替えをすることは厳禁なので覚えておきましょう。

加えて、乾杯の声かかかるまでは、例え喉が渇いていたり、美味しそうな食べ物が目の前にあったりしても飲み物や料理に手をつけないようにしましょう。

そして、いざ乾杯が行われる際には、グラスを合わせずに目の高さに合わせるのがマナーです。

お酒を飲めない方は飲まなくても良いですが、その場合でもグラスに口をつけるようにしましょう。

食事中にスピーチが始まった場合は、テーブル内での会話は控えめにし、スピーチに耳を傾けましょう。

食事しながらスピーチを聞くことは、OKの場合がほとんどです。

結婚式や披露宴中の携帯の取り扱いのマナー

結婚式,スマホ

結婚式は1時間程度、披露宴は2時間30分程度が平均的に予定されている場合が多く、携帯電話をチェックしたいと思うこともあるでしょう。

ただ、結婚式や披露宴の最中には、携帯電話の電源を切っておくか、マナーモードに設定して音が出ないようにすることは最低限のマナーです。

結婚式場での電話やメールは厳禁です。

結婚式は長くても1時間ほどですので、できれば電源を切っておきましょう。

また、やむをえない事情で電話する場合でも、目立たないように席を外してロビーなどでするようにしましょう。

そして、披露宴中は綺麗に飾り付けられた料理を見て、写真に収めたいと思う方が多いでしょうが、食事中にむやみに食事を撮影するとシャッター音が気になりますし、場の雰囲気を壊す恐れがあります。

「誰かの気分を害すかもしれない」「披露宴の雰囲気を大切にしたい」という気持ちを持ちながら、携帯電話での扱いには気を付けましょう。