Wedding celebration

結婚式に呼ばれたら、ご祝儀はいくらくらい包むのがいいのでしょうか。

また、どんなご祝儀袋を選べばいいのか、ご祝儀袋に記す名前の書き方やお金の入れ方など、今回は結婚式のご祝儀について、知っておきたい基本的なマナーをご紹介いたします。

結婚式のご祝儀に関する疑問のあれこれを解決していきますから、結婚式に出席する予定のあるかたは、ぜひ参考になさってくださいね。

 

ご祝儀金額の相場は?

Wedding Celebration Quotes

3万円を目安にしましょう。自身の年齢や新郎新婦との関係性により、金額をこれより上、もしくは下にします。

ご祝儀相場の根拠は?

食事代が一人当たり1万5千円、引き出物代が5千円と考え、合計2万円を支払うのと、お祝いの気持ち1万円とを合わせ、3万円を妥当としています。

友人ならご祝儀はいくら?

友人や職場の同僚なら3万円包むのが一般的です。上司でも3万円が主流ですが、中にはそれより多く5万円という方もいます。

兄弟姉妹・いとこ・叔父叔母なら?

親戚関係は5万円が主流ですが、年齢や関係性によって変わります。

同居する兄弟姉妹ならあらかじめ新郎新婦と相談し、堅苦しいご祝儀は無しとすることもあります。しかしその場合でも、お祝いの気持ちとして新居に必要な家電などをプレゼントするのが一般的です。

いとこの場合、新郎新婦と同年代であれば3万円を、年下で学生や社会人1~2年生であれば2万円でもOKです。年上で30代以上であれば5万円包むのが妥当でしょう。

兄弟姉妹のように付き合いの深いいとこであれば、ご祝儀を低めにし、その分家電など品物を贈るといったこともあります。新郎新婦の叔父叔母であれば5万円以上包むのが一般的です。

新郎新婦より年下なら?

学生や社会人1~2年生であれば3万円のご祝儀はキツイですよね。そういう場合は2万円で全く問題ありません。職場の後輩などは2万円でいいでしょう。

友人でも既婚者ならば?

同年代の友人でも既婚者であれば人生の先輩として多少多めに包むようです。特に今回の新郎新婦からご祝儀をいただいているなら、同じ金額かそれ以上をご祝儀としましょう。

夫婦で招待されたなら?

一人3万円×2人分=6万円ですが、偶数なのでキリのいい5万円にしましょう。叔父叔母夫妻など親戚の夫婦なら5万円×2人分=10万円が一般的です。

夫婦と子供で招待されたなら?

子供の年齢によります。基準となるのは子供の食事代です。子供用の食事を5千円とし、夫婦のご祝儀金額+5千円と考えます

しかし5千円は端数なので、切り上げて1万円多く包む、もしくはその分を品物で贈るといった方法もあります。子供の食事が大人と同じなら1人分としてカウントし、2~3万円プラスします。

例えば友人夫婦と5歳の子供なら、6万や7万は中途半端。かといって8万まで行くと新郎新婦にとって重く感じられそうです。夫婦のご祝儀5万円プラス何か品物をプレセントとして別途送るのがいいかもしれません。

 

ご祝儀は結婚式欠席であっても渡すもの

Wedding celebration is passed even if absent

結婚式を欠席する場合もご祝儀が必要です。さすがに3万円ではありませんが、1万円はお祝いとしてご祝儀袋に入れ、さらにそれを現金書留の封筒に入れて送ります。

出席の予定だったのが急な病気等で行かれなくなったときは、当日のドタキャンなら本来渡すはずだった金額と同額を、キャンセルが効く時期なら半額から1/3程度の金額をご祝儀袋に入れ、現金書留で送ります。

 

知っておきたいご祝儀金額のマナー

The manners of the celebration amount

奇数が原則

縁起の良い奇数である方がいいでしょう。偶数は2で割り切れるため「別れ」を暗示させるからです。

2はOK

2は偶数でもペアを意味するため良しとされています。ご祝儀3万円はちょっとキツイ…というかたは2万円でも大丈夫です。

8や10はウエルカム

偶数でも8は漢字で「八」と書くとわかるように末広がりの意味があるため、8万円はむしろ歓迎されます。10万円も偶数ですが、キリがいいためこちらも歓迎されるでしょう。

絶対に避けたい4と9

4は偶数であるだけでなく「シ」と読むと「死」につながるため4万円はNGです。同じく9万円も9を「ク」と読むと「苦」につながるのでやめましょう

端数は避けて

3万円はちょっとキツイから2万5千円とか、縁起の良い8を入れて2万8千円などという端数のある金額は避けた方が無難。集計するときの負担にならないよう万札で揃えてあげましょう。

ご祝儀はピン札で

いくら高額紙幣だからといってもクシャクシャのお札ではいけません。折り目のないピン札が基本です。当日になって慌てることがないよう事前に準備しておきましょう。

銀行でピン札を手に入れる

銀行での両替はATMでできますが、口座を持っていないと手数料がかかることがあります。窓口での両替は平日の午後3時までですから、時間に余裕をもって準備することが必要です。

郵便局なら手数料なし

郵便局での両替は手数料がかかりませんが、窓口の方の判断になるので忙しい時間帯は避けたほうが無難です。

家族やお店の人に頼んでピン札を入手

常にピン札があるとは限りませんが、家族やお店の人にピン札との交換をお願いしてみるのもいいでしょう。

意外な穴場はホテル

結婚式場があるような大きなホテルでは、フロントにピン札がある場合があります。こちらも常時あるとは限らないので、時間に余裕をもって尋ねてみましょう。

 

会費制結婚式ではご祝儀不要

No celebration required at member-based weddings

当日受付で定められた金額をわたす会費制の結婚式では、ご祝儀は必要ありません

とはいえ新郎新婦を祝福したい気持ちから、会費とは別にご祝儀を包みたいかたもいますよね。その場合、結婚式とは別の日に直接会って渡すか送るのがマナー

結婚式当日には持ってこないよう注意してくださいね。

 

知っておくべきご祝儀袋のマナー

Celebration bag manners

ご祝儀袋にはさまざまな種類がありますが、結婚式にはどういったものがふさわしいのでしょうか。

結婚式の水引きは結び切りかあわじ結び

ご祝儀袋を閉じる水引き(紅白、金銀などの飾り紐のこと)にもさまざまなタイプがありますが、結婚式には昔から10本の「結び切り」が良いとされています

あるいは結び目がアワビの形を模したといわれる「あわじ結び」もいいでしょう。どちらも一度結んだらほどけないため、生涯添い遂げる結婚にふさわしいとされています。

蝶結びの水引きは何度でも結び直せるため、結婚式には使わないようにしましょう。

水引きの色は紅白、金銀

ご祝儀袋の水引きの色は紅白もしくは金銀が基本です。最近はカラフルな水引きも増えましたが、おめでたい明るい色を選びましょう。

のしが付いたものを

ご祝儀袋の右上に「のし」と呼ばれる小さな飾りがついたものを選びます。のしがあるものは慶事用、ないものはお悔やみ用なので、覚えておくと便利です。

金額に合ったご祝儀袋を

とても豪華な飾りのついたご祝儀袋は5万円以上の高額ご祝儀に使いましょう。金額とご祝儀袋の格が釣り合うようにするのがポイントです。

デザイン性の高いご祝儀袋は友人用

ご祝儀袋は白地に紅白または金銀の水引きが基本ですが、最近はとてもカラフルなピンクや水色の袋だったり、鶴や花の形に結んだ水切りだったりします。

年配者は金額に合わせた格のあるご祝儀袋がおすすめですが、友人ならデザイン性の高いものやカジュアルな雰囲気のものもいいでしょう

金額にもよりますが、新郎新婦にとっては格調高いご祝儀袋より好まれる傾向があるようです。

中袋のついたものを

ご祝儀袋は水引きをとって開くと1枚の紙になります。これを上包みといいます。その中に封筒状の袋があり中袋といいます。または「中包み」と呼ばれる折りたたまれた紙の場合もありますが、お金はこの中袋もしくは中包みに入れてから上包みで包むのが礼儀

しかしご祝儀袋が束になって売られているようなタイプですと、中袋や中包みがついてないことがあります。結婚式にはできるだけ単品で売られているご祝儀袋を選んだほうが無難でしょう

 

ご祝儀袋の書き方

How to write a congratulatory bag

ご祝儀袋には自分の名前などを書かなければなりません。結婚式にふさわしい書き方の基本をご紹介しましょう。

毛筆で濃くしっかりと書く

上包みの表書きは毛筆もしくは筆ペンで書くのが基本ですが、どうしても苦手という方はマジックやサインペンで書いてもいいでしょう。必ず黒字のものを選び、濃くしっかりと書きます

万年筆やボールペン、鉛筆はNGです。

結婚式の名目は「寿」

水引きより上に書くのが名目、下に書くのが名前です。結婚式の場合、名目は御祝いではなく、寿(ことぶき)です。最近のご祝儀袋にはあらかじめ名目が書かれているのが普通です。

必ず寿と書かれたご祝儀袋を選んでくださいね。

名前はフルネームの縦書きが基本

水引きの下に書く名前は縦書きで、必ずフルネームで書きましょう。2人や3人の連名で贈る場合は、全員のフルネームを同じ大きさで書きます。4人以上の連名の場合は代表者の名前をフルネームで書き、その左に「外一同」と記します。

夫婦で贈る場合は両方フルネームで書いてもいいですが、夫の名前をフルネームで書いたらその左に妻の名前だけを記入してもいいでしょう

取引先などの場合は名前の右横に会社名を小ぶりに書きます。会社の同僚などの場合、同じセクションの人全員まとめてご祝儀を贈る場合があります。そんな時は例えば「総務課一同」のように書きます。

中袋には金額と住所氏名を

中袋(または中包み)の表には、金額を漢字で書きましょう。例えば3万円なら縦書きで「金 参萬円」と書くのが正式な書き方。最近は「金 三万円」と書いてもOKです。

裏には自分の住所と名前をフルネームで書きます。上包みを外してしまうとどこの誰からのご祝儀なのかがわからなくなってしまうのを防ぐために書くので、郵便番号もあるほうがいいですね。最近は記入欄が印刷されているものも増えていますから、その通りに書けば問題なしです。

 

ご祝儀袋の包み方

How to wrap a celebration bag

ご祝儀用の新札を用意し、ご祝儀袋に必要事項を記入したら、いよいよお金を入れて包みます。ここでもまた細かいマナーがあるのでご紹介しましょう。

お札の顔が中袋の表側になるよう入れる

お金は無造作に入れればいいのではなく、細かい決まりごとがあります。

お札は表向き(肖像画があるほう)にして肖像画が上に来るよう揃え、中袋の表(金額が書いてあるほう)を上にして入れます。うっかりお札を裏にして入れると不祝儀になってしまうので気をつけてください。

中包みの場合も一緒です。あらかじめ折りたたまれた状態で売られていますから、お札をそろえて入れたら元通りに戻せば完成です。

下の折り込みでくるんで喜びを取りこぼさない

中袋(または中包み)にお金を入れたら上包みを元通りに包みなおします。

ポイントは、上包みの折り返しが下の方が外側に来るということ。先に上のほうの折り返しを折り、後から下の折り返しでそれをくるむ、とイメージするといいでしょう。喜びがこぼれ落ちないようにするためという意味が込められています。わからなければ、ご祝儀袋を元通りにセットし直せばOKです。

ご祝儀袋を買ってきたら裏側を見てください。上下ある折り返し部分、下のほうが上の折り返しを覆っていませんか。下の折り返しは上向きで端が見えていますが、上の折り返しは端が隠れて見えていません。この状態をよく覚えておけば、お金を包むときに役立ちます。あるいは写真を撮っておくのもいいでしょう。

ご祝儀袋はふくさに包んで

お金を入れたご祝儀袋はむき出しにせず、ふくさに包みます。ふくさとは紫や朱色などの無地の絹地でできた小さな風呂敷のような布。ふくさに包んでバックに入れることで折れ曲がったり傷がつくことを防いでくれます。持っていなければ小ぶりの風呂敷やハンカチで代用してもかまいません。

ふくさは仏事の際にも用いられるため、慶事である結婚式には明るい色のふくさに包むようにしましょう赤、ピンク、橙などの暖色がおすすめです。紫は慶事にも仏事も使えるため、1枚持っておくと便利です。

 

ご祝儀の渡し方

How to give a wedding celebration

式場に付いたら受付でバッグからふくさごと取り出し、ふくさを畳んでその上にご祝儀袋を載せて、受付のかたに向かって両手で差し出します。向きを受け付けの方に合わせるのを忘れずに。

 

まとめ:堅苦しくとらえず失礼にならないマナーを守って

Wedding celebration celebration summary

結婚式のご祝儀はあくまで御祝いの気持ちを示すものですが、さまざまな細かいルールがあるように見えますよね。しかしそれらは相手への敬意であり、失礼にならないマナーでもあるのです。

普通に考えればごく当たり前のことばかりなので、あまり堅苦しくとらえず、丁寧であることを心がければいいでしょう。

知っておきたい!結婚式の式場到着から結婚式開始までのマナー